女囚スパイラル 3 悪い子は人間じゃない。ケモノと一緒だ

ダウンロード

Flash Player / Windows Media Player

容量(目安):500MB以上 ハイビジョン

全編まとめてダウンロード

前回はこちらへ

「ふざけんなよ!」
 私は思いきり怒鳴っていました。
「ハハハハ」と伸也は笑うのです。「おっかないね、真菜ちゃん。怒った怒った」
「ちくしょう」
 そいつの動きはその太った体に似合わず素早く、私にのしかってきました。
「痛い!」
 彼の足が体重をのせて私の腰や足を押さえつけ、動かせなくなったのです。
「ううううう」
 絶望的に重く、悔しいほど痛いのです。
「折れちゃう」
 気持ち悪い伸也の体がのしかかってきています。臭い。獣のように臭いのです。
「足ぐらい、折れたっていいだろ。悪い子なんだから」
「悪いことなんてしてない!」
「してる。毎日、裸になっていやらしいことをしている」
 彼は手に巻いた紐を少し伸ばし、私が突き出している左手首に巻き付けました。そして、「ほーらよ」と荷物でも投げるように地面に私を転がしてうつ伏せにすると、腕をもぎ取りそうな勢いで背中に回していくのです。
「ぐええっ」
 喉も締まって声が出せません。目が飛び出しそうです。
「悪い子だ。悪い子は人間じゃない。ケモノと一緒だ」
 右手も思いきり捻られて、背中で両手首を強引に縛りあげたのです。
 彼がどいてくれて、やっと息がつけました。
 でも、手を楽にさせようとすれば首が絞まり、首を楽にさせるには、背中の両手をもっと上げなければなりません。いくら柔軟性のある私でも、肩がもげそうになります。だいたい、紐が皮膚を破るんじゃないかと思うほどきつく食い込んでいて、それだけで涙が出るほど痛いのです。
「ぎゃああう」
 彼が平手でお尻を叩きました。
「悪い子だ」
 バシーンと乾いた音が土蔵の壁に反射しました。
 あたりはすっかり暗くなり、母屋から漏れる光に、粒が大きくなった雪がはっきり照らされていました。
 殺されるのです。このまま、寒い中で裸にされて、篤江の弟、伸也に殺されてしまうのでしょう。
「真菜ちゃんのいやらしいところを見てあげよう。病気かもしれないものね」
 医者でもないのに、お前になにがわかるんだ、と思っても身動きができないのです。
 自分でパンストや靴下まで脱いだので、残りは白い下着だけ。
 伸也が確かめるようにその布の縁を指先で辿ります。お尻。太もも。そして地面の側にある鼠径部。
 足を動かしたいのに、伸也の体重に押し潰されて力が入りません。冷たいザラつく地面に肌が押しつけられているのです。
 はーはーと伸也の荒い息。
 お尻の溝から前に向って、指を擦りつけてきます。
「真菜ちゃんのまんこ、柔らかいね。ぷにゅぷにゅしている。毎日、ここをこうやって擦ってるんだろ?」
 乱暴に指で擦られて痛いし、恥ずかしいので、ただ歯を食いしばっていました。
「いい子だ」
 それを大人しくしていると勘違いしたのでしょう。
 指が下着の内側に入ってきて、ズラしはじめます。
「うううう、やめてえええ!」
 なにをされるのか、わかりきっています。
 すっかりズラされた下着ですが、足から引き抜くには、どちらかの足を通さなければなりません。
 伸也は右足に膝をつくようにして乗っかると、左足首を手で掴んだのです。さっきよりは自由です。私は思いきり蹴り上げました。
「おおお、元気いいね」
 空を切るばかり。彼は下着が破れてもいいので、思いきり引き伸ばし、膝を曲げて抵抗する私をあざ笑うように、片側を強引に引き抜いたのでした。
「これでよし」
 右足に下着がまとわりついていますが、何の役にも立たないのです。
 再び、左足を地面に押しつけて、体重をかけてきました。さっきより左足を大きく開いて。
 地面に大の字にされ、首と手首に食い込む縄に苦しんでいると、彼はなにを思ったのか今度はさっきと反対の姿勢になって、右足からも下着を完全に抜き取っていくのでした。
 いったいなんのために。
「真菜ちゃん」
 すぐに右足もさっきより開いて、膝の裏や太ももあたりに体重を思いきりかけた伸也が、覆い被さってきたのです。
「やめて! どいて! 痛い!」
 足が彼の体重に押し潰されそうなのです。潰れないまでも、地面に擦れてザクザクになってしまいそうです。
「うるさいね」
 叫ぼうとしたところに、彼は私の下着を押しつけてきました。
「んんんん!」
 ぐいぐいと口の中へ押し込んできました。
 窒息しそうです。首が締め付けられています。逃げられません。
「いい子だ」
 彼はまだ別の縄を持っていたようで、それを私の口の上にぐるぐるとかけていくのでした。
 自分の下着を口に入れられ、縄で塞がれていくのです。
「むううううう」
 声が出ません。苦しい。そして自分のニオイ。
「エッチな真菜ちゃんのことだから、パンツ、すごい濡れていて臭いよね」
 カッと頭に血が上ります。
 恥ずかしすぎる。
 自分の置かれた状況が、あまりにも酷いのです。
 彼の指が無防備な股間にあります。
「これが、真菜ちゃんのお尻の穴だね」



★共用淫虐妻・千春★

DLSiteのみで販売しています。小説『十二階』一部、二部を改題・改稿した作品です。
十二階に住む達也に頼まれ、千春の調教を引き受ける。彼女の奥底にある危ういまでの被虐性を知り、厳しい調教を行う。さらに達也の提案でマンション全体の「共用」として千春を住人に貸し出す。特殊なペットとして改造にも踏み出す。語り手の調教役を男性にし、一部の表現を変更。ストーリーは小説『十二階』一部、二部と同じです。


★小説『十二階』第一部★

DMM.R18でのみ販売中。とあるマンションで人妻を徹底調教する。千春は夫の決断で同じマンションに住む敏恵に調教を委託することになった。激しくも甘美な調教で、昼夜を問わず若妻は被虐にどっぷりと染まる。


★小説『十二階』第二部★

DMM.R18でのみ販売中。調教はマンションぐるみとなり、千春には衣服もプライバシーもなくなってしまう。住人に貸し出される人妻は、さらに苛烈な運命が待っていた。





今日のSMシーン

新人NO.1STYLE 芸能人ひなたまりんAVデビュー




話題騒然!巨根をモノにするチャンスだ!
人気No.1ペニス増大サプリ!!
日本人男性にベストマッチ!陰茎増大サプリ!

お姉さん

素人熟女AV面接 - 岩下けいこ -

美槻 七海 03

バツイチ恵子さん35才!年下彼氏に内緒で他人棒をシコシコ手コキ。

[今すぐ読める同人サンプル] 「ギャルjk水泳部と水泳部の童貞先生の秘密」(あかなぎ)

洋画レイプシーン:Me Too Hidden Truth

もう一枚

SODロマンス 痴漢通勤電車~肉棒に飢えた巨乳人妻は、インモラルな行為に欲情する~ 水川かえで SDMU-768|熟女専門セックスビデオ「ウレジョ」

私は痴女 人妻編 奥さん!そげんコトされたら 神谷みさと 野本ちとせ 小池絵美子 真白希実 蒼井リラ 愛海一夏(秋乃ひとみ)[5]|日刊おとな新聞

医学的に重要な事実!?

人気No.1!増大する男の勲章!

短小リーマン増大悪戦苦闘!?

人気記事

現在から24時間以内の人気記事
現在:2019-08-20 01:08:43

i2i web拍手